1月 12
2019

仏式葬儀の参列マナーはこれ!最低限のことを知っておこう

葬儀には仏式、神式、キリスト教式とありますが、日本では仏式の葬儀が多いです。

私はまだ参列者として葬儀に行ったことがないので、仏式の葬儀の作法があまり良くわかっていません。

急に葬儀に参列しなければならなくなった時、何も知らないと恥ずかしいので、知っておこうと思います。

【通夜の流れ】

通夜に行ったら、まず受付をして祭壇のあるところへ行きます。

部屋に入る時は一礼して入ります。

遺族が参列者の挨拶を受けていることがあるので、その場合は並んでお悔やみの言葉を述べるようにします。

言葉は短いもので構いません。

席次が決められているようであれば、それに従い着席します。

決まっていなければ先着順に座りましょう。

通夜は僧侶の読経から始まって遺族、親族の焼香、参列者の焼香となり、式の後は通夜ぶるまいがあります。

【葬儀の流れ】

最近の一般参列者は通夜だけ参列することが多いのですが、葬儀に参列する場合もあるでしょう。

葬儀の流れも覚えておきましょう。

まず、僧侶の読経から始まり、遺族、親族の焼香、一般参列者の焼香となります。

その後は喪主の挨拶、出棺と続きます。

出棺はきちんと見送るのがしきたりです。

もし急用があって帰る時も、出棺を見送ってから帰るようにしましょう。

【焼香のやり方がわからない!】

焼香のやり方は宗派によって違いがあります。

どうすれば良いかわからないと焦る人もいるでしょうが、一般参列者なら一番に焼香をすることはありませんので先にする人の作法を見てそれと同じようにすれば大丈夫です。

参列者が多いと「焼香は1回にしてください」という案内が入ることがあります。

その場に合わせて対応すれば大丈夫です。

≫≫check!≫≫葬儀参列、ドライブスルーで 焼香は窓越し 長野で導入

This entry was posted in 仏式葬儀の流れとは. Bookmark the permalink.

Comments are closed.